横浜 菊名で「整体院」お探しの” ぎっくり腰 ”でお悩みの方!

2018/05/09

横浜 菊名で「整体院」お探しの” ぎっくり腰 ”でお悩みの方へ

季節の変わり目、気候の変動の激しい時期に多い” ぎっくり腰 ”。

これは、季節の変化に体の方が準備出来ていない、もしくは予想外の” 環境変化 ”があったことから起こります。特に昨今、寒暖差が激しく、元々ゆっくり移行する体の変化が、急激な環境の変化で対応できない場合が多いのです。

また、急な動作を起こした時など起こる場合があります。例えば、床に置きっぱなしになっていた雑誌を持ち上げようとした時や後ろから声を掛けられて振り向いた瞬間、最悪なのは朝起きて、洗面台の上に覆いかぶさり顔を洗って上半身を起こそうとした時など、思いもよらない” 瞬間 ”になってしまうことが多いのです。

” ギックリ腰 ”になった状態には様々な理由があります。

1. 筋肉へのダメージ・・・筋肉が急に大きく動いたことにより、通常の可動域以上の収縮や伸長の負荷が筋肉に掛かり、筋肉を構成している筋紡錘(筋繊維の束)が滑らなくなってしまう

2. 筋肉と筋膜のズレ・・・急に体を動かすと筋肉が収縮しますが、その時、筋肉と(筋肉を被っている)筋膜の間に動きの誤差が生じ、ズレによる摩擦によりどちらかが傷が付き痛みが生じます

3. 筋肉の捻じれ」・・・急にいつもの方向と違う、思いもよらない方向へ筋肉が動かされた為に、筋肉に捻じれが生じてしまう

4. 椎間板の圧縮・・・骨と骨の間には、クッションとなる” 椎間板 ”という比較的柔らかい組織がありますが、そこの部分に負荷が掛かって狭くなってしまう

5. 椎間板ヘルニア・・・椎間板の中には丸い” 核 ”となるものがあるのだが、それが何かの理由で外に飛び出し、神経に触れた状態になること。これは本来は” ぎっくり腰 ”とは言わず、「腰椎ヘルニア」と言われるものだが、本人が分からない場合がある

その他、まだまだ様々な原因で” ギックリ腰 ”になってしまうことがある。大体、” ぎっくり腰 ”になっている場合、患部は熱を持ち” 炎症 ”を起こしている場合が多いが、その炎症を和らげる為にも早めの処置が良いと思う。

横浜 菊名・綱島で” ぎっくり腰 ”で困っている方がいらっしゃいましたら、是非、整体院「大倉山均整院」に尋ねてみて下さい!^^