横浜市港北区の” 整体院 ”で「出産後の骨盤調整」を!

2018/05/23

横浜市港北区の” 整体院 ”で「出産後の骨盤調整」のご相談下さい

 

出産は、女性にとって、人生での” 一大イベント ”ですよね。

女性に” ダイエット ”を始めた切っ掛けを聞くと、出産後に太り始めたからという声をよくお聞きします。女性が命まで懸けて子供を産んだのに、その後、女性を悩ませる仕打ちを与えるなんて、神様は残酷ですよね。^^

でも、実際は神様が仕打ちを与えたわけではなく、出産後、あなた自身がちょっとした” ケアー ”や” 注意 ”を怠ってしまったことによってなってしまったのです。

骨盤は一年中動いてはいるのですが、その中でも” 出産 ”時の骨盤の動きは相当な振り幅と成ります。

出産直後は骨盤の左右「寛骨」と真ん中の「仙骨」を繋ぎとめている” 靭帯 ”も、骨盤を縮めたり緩めたりする筋肉も完全に緩みきってしまっています。

通常、出産後2~3ヵ月かけて骨盤は元の状態に回復していきます。しかし、そこで何らかの理由で正常な状態に戻らなくなってしまった時に、様ざまな支障が出て来たりしてしまいます。

その一つに出産後の「体重の増加」があります。

本来なら、お子さんを産んだ後なので、その分、体重が減るのが当然なのですが、それがある理由から、体重が増える様な状態になってしまうのです。

それが『骨盤の歪み』が起きてしまっているからなのです!

出産時には骨盤は拡張します。そして通常では2~3ヵ月で自然と元の状態に戻るのですが、骨盤が歪んでいたり、骨盤の左右の開閉の仕方が違っていたりすると、骨盤は” ロック ”が掛かった状態となり、正常の動きが出来なくなってしまいます!

そしてよくあるのが、骨盤が拡張した状態で” ロック ”してしまうことです。そうなると、そこには大きなスペース(容積)が出来ます。骨盤の中には、当然「内臓」が納まっています。

特に” 腸 ”や” 胃 ”というのは、何かに吊り上げられている訳ではなく、置かれている状態なのです。ですから、骨盤が開いていれば、当然、” 腸 ”や” 胃 ”もその中に下がって行きます。

出産後に「胃下垂」や「腸下垂」と言われる女性が多くなるというのは、その様な状態になってしまう方が多いからなのです。

出産後の骨盤は全体的に大きく広がり、一般的には2~3か月で元の状態に戻りますが、胃や腸が下垂して、その広がった骨盤の中へ納まってしまうと、中々元の状態に戻って行けません。

そうなると、腸の活性化も制限され、排せつ作用が抑制され、体への蓄積、または新陳代謝の制限に繋がり、太りやすくなってしまいます!

また、出産後は骨盤が割にまだ動きやすいので、出産前に生理痛や頭痛、PMSなどの不調を抱えていた人たちにとっては、『改善・解消の” チャンス ”』でもあります!

只、出産後2~3ヵ月は、個人差はありますが、下腹部に力が戻ってない状態が続きますので、「骨盤調整」は3ヵ月位経ってからの方が良いと思います。

横浜市港北区にお住まいで、出産後の「骨盤調整(矯正)」など考えている方は、是非、整体院『大倉山均整院』に尋ねてみて下さい!^^

それが、女性が出産後に肥ってしまう原因となっているのです!