腰痛

皆さん「腰痛 」というと、” 腰が痛む ”といった同じ様な訴えと同じ様な症状を思い浮かるでしょう。

しかし実は「腰痛」には様々な原因と様々な症状が見受けられます。

そこで今回は原因となっている状態をお教えし、それに対する「腰痛対策」をお教えしたいと思います。

さて、人間の基本動作は、「前後に、かがむ・反る/左右に、曲げる/左右にねじる」と6種類に分けられます。

そして、これらが組み合わされて、複雑な動きが出来る仕組みになっています。

その上で” 腰の痛い ”人は基本的動作のどれか、あるいは全部が、出来にくい状態になっているのです。

だからその出来にくくなっている部位によって腰痛の” 原因 ”や” 対策”も異なります。

腰が痛いのは、腰椎1番~5番、または腰椎と仙椎を結ぶ ” 腰仙関節 ” の異常が原因となっています。

さらに、各々の腰椎は内臓とも密接な関係があります。

ですから、ただその椎骨がズレて痛みが生じているとみるだけでなく、内臓の状態との関連を疑う必要もあります。

体を前後に曲げる動きは ” 腰椎1番 ” を起点にして行われます。

具体的には立ったり座ったり、洗顔やうがいの時の姿勢、台所仕事など、毎日の自然な動作の中で見られます。

この動作をするたびに腰が痛くなる人は、腰椎1番にズレがあります。

つらい痛みは感じないが、つい「どっこいしょっ」と声を出してしまう人も腰椎1番にズレがあると思って下さい。

放っておけば、いつか酷い腰痛に悩まされるでしょう!

まずは、腰椎1番の状態を確認しましょう!

立った状態で、左右の骨盤の上縁に指を広げた手のひらを置きましょう。

そして親指を背骨の方に這わせていきます。

すると背骨の凸に触れるでしょう。

これが腰椎3番、その凸に中指で触れ、そのまま上へ移動させます。

一つ上の凸が腰椎2番、その上の凸が腰椎1番となります!

そしてそのままの状態で腰を屈めてみて下さい。

その時に更に後ろに飛び出してくるのが腰椎1番の特徴です。

指先で腰椎1番を触り、凸の左右のどちらかの際に痛みを感じられれば、そちら側にズレがあると思われます。

触った時にこり固まっていたら、ズレは大きくなっていていることでしょう。